Home > 2009年10月21日

2009年10月21日 Archive

Googleに関する2つのニュース

Google

今日付の2つのニュースに驚きました。どちらもまだ公式なものではないようですが。

Google、独自の『Android』スマートフォン発売か?

Google が、独自ブランドの『Android』搭載スマートフォンを発売する計画を持っているようだ。直接状況を知るアナリストによれば、年内にも発売と見られるこのスマートフォンは、ロックがかかっておらず、通信事業者との提携方式ではなく直接小売店を通じて販売されるとのことで、これは業界の標準ビジネスモデルを大きく覆すことになりかねない動きだという。


iPhoneによって、携帯ビジネスはこれまでの「キャリア主導」から「メーカー主導」へといううねりがおきました。しかし、さすがのiPhoneでも「キャリア縛り」というビジネスモデルまでは変えることはありませんでした。日本のiPhoneユーザーでソフトバンクに不満のある人も少なくないでしょうし、それ以上にアメリカではAT&Tへの不満は大きいようです。

今回のこのニュースは、現状破壊というイノベーションで進化するGoogleらしい、ものすごい話だと思いました。

キャリアがどう対応していくのかも見物ですが、Appleはこれをどう見つめているのでしょうか。

>「ある米国の調査機関によると、(米国での独占販売権を取得した)通信キャリアのAT&Tは、199ドルのiPhoneを売るために、一台当たり325ドルの販売奨励金を負担している」(→こちらの記事

Googleはこの独自端末をどういうふうに販売するかは不明ですが、完全に端末の販売と回線契約の分離を行うとすると、iPhoneで実現した「販売奨励金モデル」はまた「分離モデル」になる、ということを意味します。そうなると、$99とか$199のiPhoneは成立しなくなります。

この辺はAppleだけでなく関係している会社はたくさんありますから、かなりの大騒ぎになりそうですね。

■■■

Googleが音楽サービスGoogle Audioを早ければ数日以内に立ち上げるようだ

Googleがもうすぐ音楽サービスを立ち上げる、複数の情報筋がそう言っているし、同社は最近の数週間を費やして大手レコード会社からのコンテンツの確保に奔走していたようだ。ある情報筋によると、サービスの名前はGoogle Audioだそうだ。

十分な詳細情報はまだ手元に集まっていないが、そのサービスはGoogle Chinaが2008年に立ち上げた音楽ダウンロードサービスとはまったく違うもののはずだ。その、中国だけのサービスは、ユーザが音楽を検索して無料でダウンロードできる。


iPhone内のiPodの例や、日本の着うたの例を引くまでもなく、携帯ビジネスモデルの中で音楽はその大きな一つのコンポーネントになります。

■■■

上の2つのニュースはImminent、もしくは年内、という話ですから、今後要注意ですね。
スポンサーサイト



Apple新製品はまたまた素晴らしい

MagicMouse
(画像はAppleより拝借)

昨日から続いていた「We'll be back soon」が明け、新製品が登場しました。

iMac
Mac mini
MacBook
Magic Mouse

どの新製品もすばらしいですね。

iMacはついに「あご」がとれ、よりスマートになった感じがします。
最大スペックも、クアッドコア、16GBメモリ、2TB、、、
数年前のiMacをもっていた私からするともう本当にクラクラとめまいのするようなスペックです。

Mac miniはスペックアップした商品だけでなく、SuperDriveを廃しHDDを2基搭載した「Server」バージョンが出たことで、さらに商品としての新しい立ち位置を確立した感じがします。

ポリカのMacBookも、従来のデザインの使い回しから、ついにユニボディ・ガラスマルチタッチパッドの新デザインに変更になりました。
このモデルのデザインで特に目を引いたのが「ボトム」のデザイン。一体型バッテリーのおかげもあって、底面もホントにスマートになりました。「足」も排除され底面全体が滑り止め加工してあるとのこと。まさに「360度デザイン」だと感心しました。

■■■

Magicmouse

個人的には一番関心のあったマウスですが、トラックパッドではなくちゃんとマウスとして登場しました。
上の写真の角度から見ると、リニア新幹線のようなきれいな流線形のデザインです。
これまでのマウスにあったトラックボールも、また左右にあった「握る」ボタンも一切排除され、Appleの目指す「ボタンレス」の完成です。

>そしてMagic Mouseのスクロールは、これまでのスクロールとは違って、iPhoneやiPod touch同様のモーメンタムスクロール。スクロールのスピードは、あなたのジェスチャーのスピードにあわせて決まります。

ここはiPhoneを使っているものとしては容易に想像が出来る、「新次元」の操作感でしょう。



発表を待っている間は「マウスが出たら買ってもいいかな」と思っていたのですが、よくよく見てみると、ノートのマルチタッチトラックパッドとこのマウスでは操作体系が異なることに気づき、ちょっと逡巡しています。(スクロールが1本指か2本指か、とか、スワイプが2本指か3本指か、など)
もちろんマウスとトラックパッドなので、指使いなども変わってくるのは当然と言えば当然なのですが、、、やはりこれはiMacなどデスクトップ機のためのものかもしれません。

■■■

Mac Proの新製品はなかった、とか、新製品にBDドライブはなかった(多分もうやる気ないんでしょうね)とか、いくつか噂からは洩れたものもありましたが、全体的にみて、既存のラインアップがさらに強固になったのは確実だと思います。

Windows 7の発売の直前にぶつけるのを意図して今日の発表になったのかどうかはわかりませんが、サイレントアップデートにしておくにはもったいないような内容だったと思います。

Appleストアにいく楽しみが増えました。

Index of all entries

Home > 2009年10月21日

カレンダー
« 2009 10 »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top