Home > 2009年06月23日

2009年06月23日 Archive

アメリカのiTunesカード

日本ではnanaocoでiTunesカードを買うと20%オフというのを今月いっぱいやっており、滑り込みで何枚か購入したのですが、、

■■■

先日、USに住んでいる友人に「アメリカのカードはCoolだ」という話を聞いて、実物をみせてもらうことにしました。

iTunes Card
これはまあお馴染みのデザインですね。iTunes Gift Cardとあります。

App Card
これはわたしは初めて見ました。なんと「App Store Gift Card」とあります。ですが、どちらのカードでもアプリも買えるし音楽も買えるものだそうです。


内側

このカード2つ折りになっていて、開くと右側にはアップルのマークのみ。ここにいろいろ寄せ書きとかするんでしょう。

From

裏表紙です。To:とFrom:があります。

封筒に

で、その2つ折りのカードを最後に封筒に入れて完成、と。封筒に関しては購入時に「いるか?」と聞かれて「いる」と応えると1枚ずつ入れてくれるとのこと。


カードそのものの厚みもSuicaぐらい分厚いものでした(日本のはペラペラですよね)。

贈り物カルチャーの国らしい、といえばそうなのですが、このあたりの演出がなかなか見事ですね。


スポンサーサイト



Apple In-Ear Headphones with Remote and MicはiPhone 3G Sで完全対応

Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic (画像はAppleより拝借)

写真のApple In-ear Headphones with Remote and Mic(名前長いですね、、、(苦笑))ですが、iPhone 3Gでは一部の機能が使えませんでした。

一方、iPhone 3Gはボリューム調整こそ効かないものの、再生/停止、ダブルクリックでの送り、トリプルでの戻しが可能で、着信時にクリックすると通話、会話後にクリックすると終話することも可能。もちろんマイクも有効で、本体側のマイクはOFFになり、リモコン側のマイクで快適に通話できた。ボリュームが効かないので正式サポートされていないが、それ以外の機能としてはiPhone 3G標準付属のリモコンと同じことができると考えて良いだろう。

AV Watch記事より)

非常に残念な、「あと一歩」な仕様でした。

それがiPhone 3G Sではすべて対応するそうです。Apple Storeのお店の方に聞きました。

■■■

帰ってこのヘッドホンのサイトをみてみると、、、

対応表

なんだ、、いつの間に、、(苦笑)

iPhone 3G Sの「マクロ機能」はいろいろ救うか

iPhoneマクロ
(画像はAppleより拝借)

この上の写真はAppleがiPhone 3G Sのマクロ撮影のサンプルとしてあげているものですので、多くの方がすでにご覧になっていると思います。

もちろん、純粋にマクロで近接撮影ができるというのはそれはそれで嬉しいことですが、その喜びは他にもあるような気がしています。

■■■

iPhone をQRコードリーダーにする 「iMatrix」 - 今日のアプリ第182回

QRコード

QRコードを読むだけではなく、ジェネレートも出来るソフトです。いくら「普通の携帯」を離れようとも、これは読めた方が何倍も効率がいいですからね。

最後の方に、
>非常に面白いアプリなのですが、iPhone のカメラがズーム・マクロに非対応なため、一般に使われているQRコードは読み取ることができませんでした。(貼るタイプのマクロレンズがあるようですが試していません)

とあったのですが、一部は救われるかもしれません。

■■■

もう一つは、Itemshelfというアプリです。これはすでに購入しております。

itemself

ItemShelf の特徴:

カメラを使ってバーコードを読み取り、Amazon で商品情報を検索できます (接写用マクロレンズが必要です)
バーコード番号 (JAN/EAN/UPCに対応しています)、およびISBN番号やASINを手入力することもできます。
Amazon、楽天、価格.com でタイトル検索が可能(最大同時25件まで)
検索結果をほしい物リストに入れたり、アイテム棚に入れて管理できます。
ほしい物リスト、アイテム棚は、書棚を眺めるように一覧することができます。
スマート棚機能 (iTunes のスマートプレイリストのようなもの)
棚の中のアイテムを検索で絞り込むことができます。

ハイ、この最初にもでてくる接写用マクロレンズが必要、と言う部分。これもiPhone 3G Sなら解決してしまわないかな、と。淡い期待ですが。

わたしは、ものが欲しくなるのは得意なので(苦笑)、それが整理できる(もちろん購入済み商品も)このようなアプリにはなんの説明もなくクビを縦に振るタチです。


これら2つのアプリが「マクロ撮影機能で救われる」のを期待しています!

Index of all entries

Home > 2009年06月23日

カレンダー
« 2009 06 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top