Home > 2008年10月18日

2008年10月18日 Archive

「Apple税」?おかしいんじゃないの?

Apple税
(画像はwiredvision.jp/newsより拝借)

「Apple税」を考える:『MacBook』の価格は妥当か?(WIRED VISION)

本当にくだらない記事です。

先日のイベントでTim Cookも言っていましたが、昨今のAppleのリテールの台数シェアが17.6%、一方金額シェアが31.3%です。
ここを引き合いに出してAppleはユーザーから「必要以上の利益を搾取している。まるで税金だ」みたいなことを言う人がいるというのです。

言っている人ははBrad Brooks, corporate vice president, Windows Consumer Product Marketingという結構な立場の人なので私は愕然としました。

いいものが高く売れる、これ世間の常識です。またその商品が高いと思うか安いと思うかはユーザの判断であり、高いと思えば買わなくていい。それでも売れているのだからユーザーはAppleの商品に対してその価格と自分の価値観が合致もしくは上回っているから購入しているのは自明の理です。政策かなんかでApple製品を強引に買わせているわけではないのですから。

■■■

マイクロソフトはPCに関して自分でものをつくっていないのでこういう意味不明な発言がでてくるのではないでしょうか?

もし、上記シェアが逆で、Appleの台数シェアが30%で金額が17%だった方が実はMSにとっては本当の危機なのではないかと思います。
MSはVistaなどのOSのインストールされたPCの出荷台数が多いことで商売が成り立つものであり、Windowsをインストールする「台数」が減る方が打撃が大きいハズです。なので(Appleが伸びているとはいえ)まだ7台のうち5台はWindowsが載っているPCなのですから、まだいいじゃないですか、ということです。

こんな奇天烈な記事が出てくること自体、ある意味、MSがAppleに対してついに「本当の危機感」を感じている証左かもしれません。

■■■

Windowsな人は別にして、今回のMacBook・MacBook Proの新製品のニュースに触れた人にとっては、(1000ドルを切ったNetbookへの期待はあったにせよ)これだけの内容が盛り込まれたマシンが$1299から手に入るということで、この商品自体を「高い」と思った人は殆どいないと思います。

「税」ではなく「プレミアム」なのです。またAppleはその「プレミアム」な気持ちを満足させる商品内容をちゃんと提示しています。

スポンサーサイト



Index of all entries

Home > 2008年10月18日

カレンダー
« 2008 10 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top