Home > 2008年10月03日

2008年10月03日 Archive

またまた気になるイヤホンが、、

SA6(画像はFocal Pointより拝借)

もうなんか写真を見ただけで気になってしまうイヤホンがまた発売されます。

Sleek AudioのSA6という商品です。アコースティックに音質をカスタマイズできるバランスドアーマチュアイヤホンです。

筒状のものが「トレブルチップ」というもので、高音を3通り選べ、黒い3つのものが「バスポート」でこちらも3通り選べます。なので組み合わせ次第で9通りの音を作り出すことが出来ます。
これだけでも、ずいぶん遊べる気がします。

またケーブルもご覧の通り脱着式で、しかも360度回転するので、普通のイヤホンのように装着することも耳かけ式に装着することもできます。
どちらの方法をとるにせよ、イヤーピースとケーブルは柔軟に角度を変えることができるのでどんな耳でもしっくりあうとのこと。

■■■

イヤホンは、モデルによって音が決まっている(なのでどのモデルを選ぶかが大事)と思っていたのですが、完全に「逆」をつかれました(苦笑)

いろいろな意味でこういう商品には「パクッと」食いついてしまいそうな自分がいて怖いです。私の琴線のいいところをついています。


気になるのは価格です。35800円という日本円は絶対額では別に問題はないのですが、Sleek AudioのUSのサイトを見てみたら$209.99とありました。
輸入に関わる諸経費等もあるのでしょうが、これでは$1=170円です。ちょっとさすがにひどくないかな、と思います。せいぜい24800円がいいところかと。

このあたりのイヤホンは1万円違うと「ワングレード」違うので、どういうレベルの音かは是非とも自分の耳で聞いてみたいと思います。確か最近代官山にアンテナショップができたと思いますので。


▼商品紹介(Focal Point)
SLEEK AUDIO SA6 (先行予約受付中)


スポンサーサイト



iPhoneは「家庭内リモコン」として熱い視線

Yahoo Everywhare (クリックで拡大)

テレビ版Yahoo!はiPhoneで操作する!? ASCII.jp

「Yahoo! Everywhere構想」とは、パソコンだけでなく、モバイルやテレビ、ゲーム機、カーナビなど、ありとあらゆるシーンでYahoo!につながる世界を広げていく、同社の戦略。


だそうです。

基本的にはAppleもやっているMobileMeの戦略 ー「クラウド」に対し、マルチな端末(Mac、Windows、iPhone、iPod touch)で同期性を保ちながらアクセスするという戦略ー に似た発想のものです。

■■■

この一連の発表は、CEATECでのYahoo! Japanの基調講演での発表だそうです。
実際彼らはシャープと組んでYahoo! JAPAN for AQUOSというサービスを始めます。またその操作ができる対応のケータイも用意するようです。

そうでありながら、家庭内機器(TVなど)で操作するときのリモコンへの思いとしては、

そんな中で、井上氏が注目しているのがiPhoneだ。「これまではiPhoneのような斬新なインターフェースで、インターネットを使う試みがなかった。こういった新しいインターフェースが今後数多く生まれてくると考えている」(井上氏)
 実際、動画などのコンテンツが増えても、検索のためにテレビで文字入力するのは難しい。先にiPhoneなど検索しやすいモバイル端末で見たい動画を選んだ後に、暗号化されたコードをテレビに送信する。そうすれば、目的の動画を手軽に楽しめると、同社は考えているようだ。


ということで、先行きではiPhoneが狙われているようです。

確かに、コンテンツも手元で表示できる、指1本で選択できる、文字入力も出来る、というiPhoneのメリットを考えるとiPhoneは家庭内ではTVでネットコンテンツを楽しむ時の「リモコン」にはうってつけかもしれません。

■■■

remote

私も以前の書き込みでかなり重要視していると書きましたが、Apple謹製のアプリ「Remote」にはすごく大きな可能性が含まれていると思います。
家庭の外だけではなく、家庭内でもある意味「ユーザーにもっとも近い」リモコンという座を勝ち取る可能性は十分にあると思っています。


他社からもこんなに熱い視線を向けられているiPhoneは、やはりいろいろなことができそうという多様性と柔軟性に優れたプラットフォームなのだな、と今更ながらに感じます。


Index of all entries

Home > 2008年10月03日

カレンダー
« 2008 10 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top