Home > 2008年07月30日

2008年07月30日 Archive

読めない「ガラス製トラックパッド」

スクロール

こちらの記事をはじめとして、「ガラス製トラックパッド」搭載の噂がいろいろ出ています。

>The trackpad is glass, multi-touch and uses gestures. The screen isn't multi-touch.

もっといろいろな動作が出来るのかもしれませんが、現在のMacBook Air/MacBook ProでもiPhone/iPod touchばりのいろいろな操作がすでに可能になっています。

なので動作のことだけを考えればトラックパッドをガラス製に変える意味はそんなにないと思います。

■■■

ガラス製にする、ということなら、本来の意味は「操作するためだけのトラックパッド」ではなく、「なにか画像を表示する」トラックパッドでもあるということでないと、あまり意味性を感じないのですが、そう思うのは私だけでしょうか?

このガラス製トラックパッドが画像も表示するとしてですが、位置は水平方向固定のハズ。
iPhone/iPod touchをベースに考えると、水平方向で表示するのはiPodのCoverFlowとビデオ系の再生画面が特長的。(「写真」もありますが、これは縦と横の表示の両方を駆使しないと意味がないですし、Mapやwebページも同様だと思います。)
これだけなら、メインディスプレイで表示すればいいことで、わざわざ”トラックパッドディスプレイ”で別画面表示する程のことでもないでしょう。

■■■

私がまだ頭が固いですかね。。。
タッチスクリーンをiPhone/iPod touchだけでなくMacシリーズにも展開するというのは、大量使用によるコスト低減効果を狙うには非常に良い方法ですが、そこにはちゃんとした意味性が必要なハズ。

まさか、iMacのときと同じセリフで「リサイクル性に優れているから」という理由でアルミ(アルマイト)+ガラス、というわけでもないでしょうし、、

アルミとガラス



もう少し悩んでみる必要がありそうです。
妄想の第一の壁にぶつかりました(苦笑)
スポンサーサイト



Index of all entries

Home > 2008年07月30日

カレンダー
« 2008 07 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top