Home > 2008年06月10日

2008年06月10日 Archive

iPhone 3Gはちゃんと「携帯」でもある、と思った瞬間

文字入力

(画像はhttp://www.apple.com/jp/iphone/より拝借)

iPhone 3Gの発表前までは、日本でiPhoneが売れない(とされる)理由のいくつかのひとつに「キーボードがQWERTYなので1本指では打ちにくい」とかというのもあったと思います。

しかし、上記画像をご覧になっておわかりの通り、今の日本の携帯の10キー入力とそっくり(同時に数字が見えないだけ表示がよりすっきりしてます)の入力方法も搭載されているようです。(普通のキーボード入力もあるんでしょうけど)

「ソフトキーボードなんだからこういうのが自由でいいよね」というのはもちろんあるのですが、「無理にパソコン文化のQWERTY配列を押しつけず、フツーの携帯の使われ方の実態もちゃんと把握した上で、それにもちゃんと対応していく」という、これこそが本当の顧客視点なのではないかと思いました。

私の歳をとった親も、なんとか今の簡単ケータイでメールを打つようにはなりましたが、もしかしたら、このiPhone 3Gの入力の方が簡単かも知れません、、、。
次候補やUndo、確定なども文字入力のすぐ横にデカデカとあり、文字を打ってわざわざ10キーから離れたカーソルキー+決定キーまで指を動かす必要もありませんからねえ。

親をダシに使いましたが、もちろん私にとってもより簡単なのは、言うまでもありません。

手書き文字認識も話題というか興味があるところですが、私はこういう基本的な部分に結構心打たれました。

■■■

Jobsは初代iPhoneを発表した際に、Brackberryなどのスマートフォンと比較して、「キーボードは必要な時にだけ出てくればいい」と言ったものですが、今回はそれに加え、「使う人によって使いたい方法に変えられる」というのも非常に重要だと思います。
とにかく可能性は尽きないですね、この端末。


スポンサーサイト



iPhone 3G 基調講演をつまみ食い

http://events.apple.com.edgesuite.net/0806wdt546x/event/index.html

いづれVideo Podcastでもあがるんでしょうけど、上記サイトで早速夜中の基調講演がみられたので、後半20-30分のiPhoneのハードの紹介(Jobs再登壇後)の部分だけ見てみました。

特におもしろかったのが下記の2点。

■70カ国の紹介の部分

最初6カ国で開始したiPhoneですが、3Gで25カ国を目標(ストレッチターゲット)にしていた。それがそれを大きく超える70カ国で発売することになった、というのを紹介するスライドです(1時間35分目あたり)。
一カ国ごとに赤で塗りつぶしていくのですが、途中からBGMで「It's a small world」がかかり始めました。これには会場大爆笑。アルゴアさんもこの笑顔。

アルゴア


【6月13日追記】
サイトから見られるQTムービーも、Video Podcastもなぜか急に「It's a small world」が削除されています。著作権の関係でしょうか?残念です。せっかくおもしろかっし、かつセンスを感じていたのですが。。。



■8GBのiPhoneの価格が従来の$399からいきなり半値の$199へ!を紹介の部分

私のイメージでは$399という文字がキラキラと消えて$199と表示されるか、もしくは$399という文字が粉々に砕け散って$199という文字がでてくる、というようなエフェクトかなあ、と思っていたのですが、$399の文字の上に「岩石がドンと落ちてくる音」と共に$199の文字が落ちてくるというエフェクトでした。(1時間39分目あたり)


■■■

いつもの通りのすばらしいSteve Jobsのプレゼンでしたが、今回はそれに「遊び心」も加わり、なにか余裕すら感じさせるものでした。

基本的にはiPhoneに終始した基調講演でした。1ヶ月悩みます。

最初、iPhone2.0のアプリの内容の話ばかりで眠そうになりました。個人的にはMLB.com以外はそんなに興味は湧かなかったです。ただアプリは使う人は使うので、反応は人まちまちだと思います。
ただ、あまりにもゲーム系の紹介が多く、このままではiPhoneはNINTENDO DSになってしまうのかと危惧してしまいました(苦笑)

■■■

Mobile me

基本的には、以前記事にしたとおり、Mobile meに改名する.MacがハブとなりパソコンとiPhoneの情報のリアルタイムの同期を図ると言う部分については、予想通りでした。これでまたMacの「デジタルハブ」が一つ増えたことになりますね。


Apple金門橋

金門橋が二本に分かれていく写真が招待状にありましたが、これは多分逆で2本に分かれた金門橋がこっちに向かって一つになる、という意味だったのだと思います。

■■■

iPhoneに関しては、商品としてはそれなりに見えるのですが(3G対応、長寿命、軽量化、GPS)、思い切りましたねー、価格。私は嘘だろうと思っていましたが本当に$199をつけてくるとは思いませんでした(8GB。16GBは$299)

一般的にシェアが寡占化している商品がなおかつプライスリーダーである場合(iPodが典型)その牙城を崩すのには最低5--7年かかると言われていますが。iPhoneもこの戦略に従ったようですね。

iPodの場合はメモリの大量買い付けで何とかしましたが、今回はやはり「上納金」が効いているんですね。この価格のためには必須でしょう。

3G iPhone

3G iPhone カメラ

$199

$299

白黒

Continue reading

なぜ日本のApple Storeも閉じる?

今日は、日本関連に関しては(孫さんが登壇するかどうかは別にして)日本でもiPhoneでるよ、という発表だけ(発売は年内)で、時期OSと言われているSnow Leopardは来年のMWSFでの発売を目指す、ということで、今日(特に日本の)Apple Storeが閉じることなんてない、と思っていたので、あとから追えばいいや、と思っていた(つまり”Buy now”するものはない)のですが、店を閉じるということはなんか不穏な雰囲気ですねえ、、、

寝るに寝られなくなってしまいました。

やはり”One More Thing"があるんでしょうか?
(3GiPhoneは一応新規商品なのでつっこみませんが)iPod touchは単純な価格改定、だけだったら激しくショックです。。。

そりゃ、発売がいくら年内だろうと、iPhoneをStoreに並べることはいいと思いますよ。
でも半年近く先、と言われるといくらそこでBuy Nowボタンを押したとしても、到着するまでは「なんかいろいろありそうで」押す気持ちも萎えるっつうもんです。

「Available Today」という殺し文句に慣らされていた旧来のMac好きの人には、最近はこのフレーズがあまり聴けなくなって悲しいですよね。

■■■

話が発散しましたが、なんか起こりそうな予感ですね。あと1時間です。

個人的にはAbroさんの予想されているMac touch希望です。iPod touchを辞めてでも。
iPod touchはやはりiPhoneが大きく普及するまでのつなぎのような気がするのです。
今回の3GiPhoneでその役目を終えることで、ちゃんとした別コンセプト商品をだしてもらって「iPhoneは携帯としてはどうなのか?」というつまらない議論に終止符を打って欲しいと思います。

Index of all entries

Home > 2008年06月10日

カレンダー
« 2008 06 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top