Home > 2008年06月08日

2008年06月08日 Archive

「To Go」機器に通信機能が入ることによる変革を見ていきたい

PalmV

わたしはこのモデルで「PDA」の道に入りました。IDEOデザインがすばらしく、また「グラフィティ」という文字入力が斬新でした。

その後、Handspring(Palmからスピンアウトした人の興した会社)の「EDGE」(たしかこれもIDEOデザイン?)があり得ないくらいすばらしいデザインで「所有する喜び」を満喫したものです。
EDGE

薄型デザイン、手の切れそうなフルメタルデザイン、スタイラス(スタイラスも真鍮製だったような)を外付けにしたことで細身で直線的なデザインを実現。
これだけは絶対My博物館行きにする、と決めていたのですが、会社のデザイナーの同僚から
「どうしても譲って欲しい」と懇願され、なくなく手放した記憶があります。

■■■

多分2001年前後の商品群だったと思ったのですが、これらはすべて通話機能はありません。なにに使っていたかというと、「Outlook to go」でした。
当時はノートPCをいちいち開けて会議のスケジュールとかを見るとかが非常に億劫だったので、「仕事のコンパニオン」として重宝してました。まさにPDAでした。

■■■

そういうことをしていた2001年秋にiPodが発売されました。私には、上記のような理解があったので、すぐさま「iPodはiTunes to go機器だ!」と一瞬にして理解しました。
iTunesそのものが素晴らしく、当時所有のCDなどをちゃんとiTunesにリッピングしていたので、買ってきてシンクしてすぐに使えました。PalmとOutlookの設定よりかなり簡単だったのが印象的でした。(設定という以前にFWをつなぐだけでしたからねえ)
スポンサーサイト



Continue reading

Index of all entries

Home > 2008年06月08日

カレンダー
« 2008 06 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top