Home > 2008年05月31日

2008年05月31日 Archive

Jobsは「あなたの職場のイヤな奴」

あなたの職場のイヤな奴

(画像はAmazon.co.jpより拝借)

元ネタは雑誌日経ビジネス6月2日号の87ページなのですが、「著者に聞く」というコーナーで、アメリカスタンフォード大学の教授でロバート・I・サットン氏のインタビュー記事が取り上げられています。
上記は氏の書かれた本の、最近日本語訳が出版された本だそうです。

この本は米国その他ではベストセラーになっているそうです。
原題は「The No Asshole Rule」(クソッタレ撲滅ルール)。職場いじめなどを解決するために「クソッタレ」にどう対応していくかという内容の本だそうです。

タイトルそのものが原題も日本語訳もわりとくだけたものですが、この方は組織行動学や組織心理学に精通した米国の著名な学者さんだそうで、論理に基づいて例をあげながら明快に説明していく方だそうです。

まだ買っていませんが「欲しいモノリスト」に入れておきました。

スポンサーサイト



Continue reading

おめでとう、まだまだ頑張れ、ランディ・ジョンソン!

ランディ・ジョンソン

(画像はmajor.jpより拝借)

アリゾナ・ダイヤモンドバックスのベテラン左腕、ランディ・ジョンソン投手が29日、地元でのサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で通算4672個目の三振を奪い、ロジャー・クレメンス(前ヤンキース)に並ぶ歴代2位に浮上した。


私の敬愛するランディ・ジョンソンが偉大な記録を成し遂げました。
とは言っても、ロジャー・クレメンスとは「歴代2位」の記録を抜きつ抜かれつでした。クレメンスは今現在引退したのかどうか曖昧ですが、ランディ・ジョンソンはちゃんとローテーションの一角を担い頑張っていますから、クレメンスとの差はある程度つくでしょう。

私は2001年のワールドシリーズ(ダイヤモンドバックス対ヤンキース)をTVで見ていてダイヤモンドバックスのファンになりました。この年はニューヨークのテロのあった年でもあり、国内世論はヤンキースびいきになっていた気もします。さらに球団創設でまだ4年目のチームがワールドシリーズを制するというのもあまり想像されていなかったと思います。
ですが、ジョンソン(3勝)とシリング(1勝)という2枚看板で世界一になりました。

その翌年以降、フェニックスまで車で7時間かけて試合をたびたび見に行ったものです。
最初に見に行った試合はまさにランディ・ジョンソンが先発した試合だったのですが、記録にあと1と迫る「17奪三振完投」試合を見ることができ非常に興奮しました。
彼が先発する試合は攻撃よりも守備を見ている方が楽しいですね。ばったばったと三振を取るのをみていると爽快そのものです。

2004年の「40歳超えでの完全試合達成」のビデオも録ってあります。
この時はさすがにすこし興奮していたようですが、彼は基本的に自分の仕事を淡々と黙々とこなすタイプです。典型的なアメリカ人、というよりは日本の武士のような感じの人です。


それにしても44歳になってもよく頑張るものです。尊敬。

わたしのハンドルネーム「dbacks51」(51は背番号)はここから来ています。


ランディ・ジョンソン(Wikipedia)

Index of all entries

Home > 2008年05月31日

カレンダー
« 2008 05 »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top