Home > 2008年02月15日

2008年02月15日 Archive

「選ばれし者」と「選ばれざる者」

Air禅


この写真を拝借した元記事は林信行さんのMacBook Airの”レビュー記事”前編ですが、通常のレビューとは全く異なる視点で書かれており非常に興味深く読ませて頂きました。
(この”レビュー”が通常のレビューとは違うものになっている理由はご本人のブログnobilog2で語られています。)

「人を選ぶパソコン」と題された最初の部分が特に印象てきでした。少し引用させて頂きます。

MacBook Airは使い手を試す。もし(MacBook Airに)選ばれた人々は、マシンをひと目見ただけで「他人が言う評価はどうでもいい、自分はこれを買わなければ」と強く感じるはずだ。この究極にエレガントなマシンを持ち歩き、世の中に新しいライフスタイルを広めていく一員となることに強い意義を感じる――そういう人々は、自分の直感に従っていい。おそらくMacBook Airのパッケージを見た瞬間、ふたを開けた瞬間、その冷たいボディに手を触れた瞬間から感動が止まらないはずだ。

 CPUの動作クロックやストレージ容量がどのくらいかなどという細かいことはすべて忘れて、やがて自分のすべてを詰めて持ち歩くことになる、この1枚の美しいPCとの邂逅(かいこう)を楽しんでほしい。

 一方、このマシンを見て、HDD容量や光学式ドライブの有無が気になった人は、0.9キロの増量に目をつぶって弟分のMacBookを買ったほうが賢明だ。MacBook Airは、新時代の「粋(いき)な」コンピューティングを楽しむためのものだ。圧倒的な処理能力でソフトウェアを駆使し蓄積したさまざまな情報を活用する、コンピューティングの「粋(すい)」を楽しむためのものではない。


これは、本当にひがみでもなんでもないのですが、私は真っ先にCPUのクロックとストレージの容量に目が言ってしまったので、完全に「MacBook Air」に「選ばれなかった」者です。
「あと3mm厚くして160GBのHDDにしてくれたら買ったのに」とか恨み節っぽい記事も書いたりしましたし。

MacBook Airについてもやもやしていた気持ちがすっきりしたことと、そのもやもやしている気持ちをMacBook Airとはある意味真逆の「新MacBook Pro」に向けている今の自分の気持ちにすっかり整理がつきました。

今は160GBまでHDDを換装したMacBookを使っているのでそれでもある意味十分なのですが、MacBook Airを見せられてしきりに意識を始めたのがMacBook Proでした。
林さんの言葉を借りると「スペックを気にせず『CPUの動作クロックやストレージ容量がどのくらいかなどという細かいことはすべて忘れて』邂逅する」というのがMacBook Airだとしたら、じゃあその逆でスペックギンギンで行ってやろうじゃん、という気持ちになってきました。そうしないと、わたしのMacBook Airに対する「答え」がでない気がするのです。

もちろん銭金の問題もありますよ。わたしだって一般人ですから。でも大枚はたいても「MacBook Airに対する私の答え」をMacBook Proで出していこうと思っています。

そういう意味ですっきりしました。


林さんはMacBook Airを「禅」の世界にたとえられています。私はクロックをとグラボを追求します。
またHDDにすべてをつめこまないで「捨てる勇気」をもつことを林さんは説かれています。私は250GB以上のHDDへの換装をもくろんでいます。

この対極は、わかりやすくて非常にいいと思います。

この記事は私のもやもやを解消して頂けたということで非常に有用な記事になりました。



PS:日経主催のiPhoneの衝撃セミナーに去年参加して、林さんとは(遠目でしたけど)一度お目にかかりました(講演のトップバッターでした)
まあいろいろ日経から講演内容の指示があったのだとは思いますが、その講演は私の抱いていた林信行像ではありませんでした。でも最近の記事、特にこの記事についてはイメージ通りも林さんでありました。
スポンサーサイト



Index of all entries

Home > 2008年02月15日

カレンダー
« 2008 02 »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top