Home > 2008年01月29日

2008年01月29日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

MacBook AirのCM露出

MacBook Airサイド

(画像はApple.co.jpより拝借)

たまたまかもしれませんが、妙にMacBook AirのTV CMを目にします。
Appleの提供番組はないでしょうから、スポット枠をかなりおさえている印象を受けます。

私のイメージでは「未発売の商品」のCMをこんなに大量に打つのはAppleにしてはめずらしいと思います。

基本的に、Appleの商品はJobsの基調講演が終わるとネット系情報サイトや、われわれ好き者のブロガーが勝手に宣伝する(苦笑)ので、Apple商品にいつもアンテナを立てている人は、買う人はすぐに買うでしょうし、買わない人は買わないでしょう。

で、それが一段落ついてから、もっと認知を広げるために一般の人に向けてTV CMを打つ、というのが私のイメージでした。iPodとか。

USに比べて出荷が遅めでは?と思われている日本市場で「出荷前」から意識的にこんなにCMを打っているとしたら、その真意はなんでしょうか?

Wiiのような「飢餓感」の醸成でしょうか?

日本市場に本当にかなりの期待をしている、ということの現れでしょうか?

(まさか、発表後の微妙な空気(すべての人が諸手を挙げて喜んでいるわけではない)を察知してをあわてて打っているわけではないでしょうが、、(苦笑))


私はもちろん後者の「日本市場への期待感の表れ」だと信じています。でも信じているからとは言え、この「投下量」の多さにはやはり少々驚きます。
Macin'Blogさん経由、「Cocoa を飲んで、ほっとして。」さんのMac の日本市場という記事をみても日本市場を「どげんかせんといかん!」なんでしょうね)



PS; 「飢餓感の醸成」というアプローチは、やり方自体個人的に大嫌いです。
確かに企業側としては、価格低下の抑制とか、「どこそこにはあった、なかった」など話題の中心に居続けられる、という効果はあるのでしょうが、ユーザーの物欲をもてあそんでいる気がしてどうも好きになれません。欲しいのに買えない状態で、持っている人に見せびらかされているときと同じ気持ちになります。

スポンサーサイト

Index of all entries

Home > 2008年01月29日

カレンダー
« 2008 01 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。