Home > 2008年01月25日

2008年01月25日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

iTunesがAmazon MP3に勝つ方法

Amazon MP3

(画像はhttp://www.amazon.com/より拝借)

以前、Amazon MP3の日本的使い方という記事を書きました。
でもまじめな話、US本国ではついにiTunes Storeに対する強力なライバルが登場したことでApple自身かなり危機感を抱いているのではないかと思います。

そこで、大きなお世話ですが、タイトルのようなことを勝手に妄想してみました。

武器はiPhoneとiPod touchに搭載の「iTunes Wi-Fi Store」機能です。
今はこの機能は「出先でもiTunesから楽曲が買える」というメリットだけですが、せっかくアカウントの管理もできているわけですし、「一度iTunes Storeで買った曲はいつでも何回でもダウンロードできる」というシステムにしたらどうでしょうか?

CDをリッピングしたものはしょうがないのでiPodにリアルにデータを入れるしかないです。
しかし、iTunes Storeで買った曲については、上記のようなシステムにして、かつ「購入リストだけiPodにシンクロし、データ本体はシンクロしない」という選択肢もiTunes側に用意する。そうすると、iPod本体の容量が少なくても済むことになります。聴きたくなったら、その都度iTunes Wi-Fi Storeからダウンロードして聴けばいいわけです。

iPhoneもiPod touchも、容量はiPod classicに比べて制限されていますので、このシステムがあれば「どうせ音楽配信で楽曲を買うのならiTunes Storeにしよう!」というモチベーションも上がると思うのですが。。

常時接続のiPhoneはいつでもダウンロードできるのでこれで問題ないと思います(もちろん3Gになればなおいいですが)。

iPod touchに関してはWi-Fiで繋がるところ、という制限がつきまといますが、いつかは「どこでもFree Spot」の時代が来ます(WiMAXなど)。
JobsがFONに関心がある、という記事も拝見したことがありますが、案外これも視野に入れていたりして、、(笑、まあ普通はWebやメールへのアクセスを気にしてのことだとは思いますが)



スポンサーサイト

Index of all entries

Home > 2008年01月25日

カレンダー
« 2008 01 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。