Home > 2008年01月24日

2008年01月24日 Archive

久々の「銀座」

Apple Store銀座

(画像はApple.co.jpより拝借)

久々に銀座に行きました。「銀座」といっても私の銀座はApple Store銀座のみです(笑)

実はLeopardへのアップグレード(上書き)が無難に行って一安心していたのですが、ひとつ問題が発生しました。
iTunes(もちろん7.6)がiPod touchを認識しなくなったのです。
リセット (Reset)、リトライ(Retry) 、再起動 (Restart)などiPod touch単体で出来ることはすべて行いましたがiTunesが認識しないので復元などはできません。
iPod classicは認識できたのにiPod touchは出来ないなんて不思議だなあ、と思いながら「iPod Bar」に行きました。
店頭ではLeopard搭載機等で繋いでもらったのですが無事認識。

先ほど家に帰ってやってみたらまただめ。
ふと思ってiTunesを再インストールしたら、あらら認識してしまいました。

結局、Tiger時にiTunesを7.6にするのではなく、先にLeopardにしてからiTunesを7.6にすれば良かったようです。順番の問題だったようで、、、orz

iPod touchの「1月のソフトウェアアップデート」で2480円支払っていたのはどうなるのか心配だったのですが、これもちゃんと復元されています。
これはジーニアスに聞いていたのですが、この有料アップデートはシリアル番号にひもづけて管理しているので、復元などしてiPod touchをまっさらにしても問題ないそうです。

せっかくですので、行ったついでに確認したのは、前の記事で気になっていた

Cover Flowは前のOSと比較できないので分かりませんが、エクスポゼでその差がはっきり分かりました。ウインドウを4つ5つぐらい開いてやりましたが、カクカクしています。常用していますので、かなり気になりますね。
グラフィックチップがIntel内蔵のGMA 950ですが、最近のX3100でかなりよくなっているんでしょうか。。
もしそれでも気になるようなら、次に買うセットはMacBook Pro、になりますね。


の部分ですが、最近のMacBook(黒・メモリは2GB)の展示品でウインドウを5つ開いてテストしましたが、問題なくスムースでした。やはりX3100は偉大ですね。。

なので、私個人、次期購入予定マシンの選択肢にMacBookも再び浮上してきました。
(4GBへのメモリ増設、HDDの換装も自分で簡単にできる部分で私はMacBookが大好きです。)

また、私は見送りましたが、MacBook AirもX3100なので、購入されるかたも安心できると思います。



スポンサーサイト

そういえば無かったですねえ、、

one more thing

(画像はEngadgetより拝借)

Keynoteを毎日のように繰り返し見てますが(苦笑)、凄い商品を続々と発表したわりに、私個人的にキーノートスピーチそのものに対し「なんか締まりがないなあ、、」と感じていました。

ということで気づいたのは、名フレーズ「One more thing」が無かったことかなあ、と思いました。
4つの話を「1」「2」「3」「4」と淡々と示した感じでした。
もちろんJobsのプレゼンはいつものように非常に勉強になるプレゼンでしたが、「水戸黄門が最後に出す印籠」(大谷和利さんの最近の著作より)のような「予定調和」「お約束」感のあるこのフレーズが聴けなかったのは残念でした。
「お約束である」以上、このフレーズの後には全く想像もしていなかったようなサプライズがでてイベントが最高潮になるんですけどね、、、
アンコールのないコンサートのような感じでした。


ただ、それに近いものを今回別のところで感じました。「By the way」です。
iTunes Movie Rentalsの発表をしてそれに参加する映画会社の紹介のシーンです。
最初の資料ではまあそんなに大きな映画会社ではない会社(私はMGMしかしらないです)を紹介した後に、ペロッとページが上から折れ、下記の6つのメジャーレーベルが出てきました。
「By the way, these six,too.」

クー、カッコイイ!! 会社で使いたくありません!?(笑)
個人的に勝手に「バイザウェイプレゼン技法」と名付けました。

btw

(画像はKeynoteより)

Index of all entries

Home > 2008年01月24日

カレンダー
« 2008 01 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top