Home > 2008年01月13日

2008年01月13日 Archive

「Air」で見えた(気がする)

08バナー

(画像はhttp://www.appleinsider.com/より拝借)


おそらくこのヒントでキーになる単語は「Air」しかないと思います。

「Air」は”Mac語”でいうと「Wi-Fi」で使われている言葉です。AirMacという商品名だったり、AirTunesという機能名であったり。

ということでおそらくWi-Fiを最大限生かした新提案だと思われます。

以前の投稿でも書きましたが、

■大容量のHDDを搭載した本格的デスクトップパソコンとも言えるような「Apple TV2」
・ユーザーのコンテンツ(ホームフォルダ)の集中管理
・Time Machine機能の実行によるコンテンツの保護
・TVとはHDMIで接続し、Front Rowで直接視聴
・Driveを内蔵しコンテンツの取り込み(CDリッピングなど)、TVでの再生(DVDなど)の実行、ビデオレンタルのiPodへの転送
・iPod Dock
・ルーター機能も?

■必要最小限のノートMac(Mac Rumorsより)

- A slim notebook, but not a "sub notebook"
- 13.3" screen
- Not a "Pro" machine
- External Optical Drive
- It will be called the MacBook Air


この”MacBook(Air)”は”Apple TV2”のクライアント機器となり、あたかも”MacBook”の中にコンテンツが入っているかのように扱える。Wi-Fiで繋がっているもののユーザーはそれを意識することもなく普通に使える、という感じですかね。。

これまではiMacやMacBookがサーバーであり、Apple TVは「TVに映すためだけの」クライアント機器でしたが、この提案では位置関係が完全に逆になり、Apple TVがサーバー、MacBookがクライアントということになります。


普通にiPod Touchを大きくしたような「タブレットPC(Mac Touch?)」を近い将来発売してもこの組み合わせシステムに容易に組み込めると思います。でもまずはMacBookとして「割と普通につかえるノートPC」として発売し、その後にタブレットという流れでしょうか、、

まあ、下手な考え、なんとやらで、個人的にも「ベタ」な妄想だと思います(苦笑)
でも、キーワードを突き付けられたわけですから、一応その挑戦は受けて立たねば。


もしこの妄想が当たったとしても個人的には微妙ですねえ。普通のMacBookのアップデートしたものの方がいいです(この機能の入った)、、、
でもそれだったらMac Proのように事前に発表されているはずなんですよねえ。。
スポンサーサイト

Index of all entries

Home > 2008年01月13日

カレンダー
« 2008 01 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top