Home

「モノが好き」2

<感動> ピヤホン5!

ピヤホン5

3日前に新しいイヤホンを買いました。
通称「ピヤホン5」、正式型名はAVIOT TE-BD21j-ltdpnkです。TE-BD21j-ltdというベースモデルにピエール中野さんがチューニングを施したモデルになります。


3日かけて、エージングも進んで来たので感想を書きます。
一言でいうと感動の一言。BluetoothのTWSでこんな音が出るのか!?というため息しか出ません。。

■■■

上のスクショのつぶやきに書いたように、前宣伝の通り、箱出しの状態でも「低音域の解像感と量感の素晴らしさ」はすぐに感じることが出来たのですが、エージングが進むに連れて中域・高音域も出るようになり、トータルバランスとして非常にいいものになりました。

全体的に再生される音が「元気」で、聞いていて楽しくなります。
低域から高音域に至るまで解像感とキレがよく、程よくチューニングされた(であろう)低音のおかげで、音楽全体に躍動感ももたらしてくれている、そんな感じがします。
長い型名が示す通り「BD21=BA2基・Dynamic1基」のトリプル構成ですが、音のデコボコもなくキレイに繋がっています。

最初はドラムがよく鳴る曲を中心に聞いていたのですが、それだけでなく、クラシックなどでも弦楽器・管楽器ともに音数が多く響きがよいので音場の広さを感じます。オールジャンル行けそうです。

■■■

ふだん音楽配信サービスは使い勝手最高のSpotifyを使っているのですが、いいイヤホンに出会うと、エージングが進むに連れて「なんか音が悪いな」と感じてきます。
イヤホンが良すぎて、Spotifyの圧縮音源の悪いところまで見事に再現してくれるからです。

ちょうど3日の金曜日に、いいタイミングでUQモバイルから「Apple Music 6ヶ月無料キャンペーン」のお知らせが来たので、早速そちらに入り、Apple Musicのロスレス音源で同じ音源を聞いてみたら、やはりSpotify音源とは差が出ました。このイヤホンの再生能力の高さを追確認出来ました。ちょっとタダモノではないですね。


こうなると、次は、Snapdragon Sound対応スマホを買って、96/24のハイレゾを聞いてみたい、、という流れになるのは必然です。。まだまだ続く!

■■■

しばらくはこのイヤホンでいろいろ楽しめそうなので、いくつかの手持ちのイヤホンをドナドナに出そうと思います。
その中には、音質が当面最高だと思っていたDevialet Geminiも含まれている、という。。
このカテゴリーの進化の競争はしばらく止まりそうにないですね。

ピヤホン5はマルチポイントも出来て通話品質も悪くなかったのでJabra Elite 85tもお役御免かなと思っていたのですが、ピヤホン5は側音が聞こえないようでテレワーク会議で使うのにはちょっと使いにくいので、Jabraのこのモデルとはもう少し付き合います。






スポンサーサイト



高音質かロスレスかハイレゾロスレスか

Beat Audio

Apple MusicのATMOS/ハイレゾが始まり、しばらく経ちました。しっかり楽しんでいます。

ATMOSに関しては、個人的に体験として期待したものではありませんでした。
たしかにヘッドホンの外に音が広がるような感じはするのですが、広がる分、センターの音が中抜けしているなど音質的に満足いかず。
また、機種依存が強く、AirPods Proではそれなりに聴けますが、他社のイヤホンに変えると音場が壊れたりするので使い勝手もあまりよくないと思いました。

ということで、私のフォーカスはやはり「ロスレス・ハイレゾロスレス」です。

■■■

ロスレス

問題はiPhoneでどの音質で聴くか。
パケット消費量の関係でハイレゾをストリームで聴くのは私にはあり得ず、ダウンロードして聴くのが前提です。

上記のメニューの下の注意書きの通り、これまでのAAC 256と比べると、ロスレスはデータ量6倍・ハイレゾロスレスになると12倍(96/24)、24倍(192/24)。
せっかくハイレゾ/ロスレスのサービスが始まったのに、AACのままでもったいない。ただハイレゾロスレスをバンバンダウンロードするととてもではないですがiPhoneの容量が持ちません。


ということで、私は現在iPhoneへのダウンロードは「ロスレス(最高48/24)」にして聴いています。
iPhoneへのダウンロード楽曲数は約900曲、容量にして47GB(iPhoneの容量は128GB)。これくらいが限界です。

■■■

AppleMusicをロスレスで楽しむためのLightning DAC4選 Engadget

容量以外の問題としても、DACを噛ませてiPhone周りをゴチャゴチャにするのも美的感覚的に好みではありません。

有線は最低限しょうがないにしても、せめて間になにも挟まずケーブル直結でキレイに収まるスタイルにしたいと思いました。

ということで行き着いたのが最初の写真のLightningリケーブル。
48/24のロスレスを聴くにしても、できるだけ最高の環境を用意しようと思いました。

BEAT AUDIO Silversonic MKVI - MMCX - Lightning

■■■

イヤホンはbeyerdynamic XELENTO REMOTE。この2つの組み合わせでかなり極上の「ロスレス」体験をしています。

これまでiPhoneではBTイヤホンで聴いていたこともあり、その音質の差に、「iPhoneとイヤホンだけでもここまでの音が出るんだ、、」という感慨すらあります。

量子化ビットが16bitの曲と24bitの曲の音質差も聞き分けられます。24bitになると低音の艶や倍音の響きがグッと向上します。私がダウンロードしたApple Musicの楽曲の中には、周波数はCDと同じ44.1KHzなのに量子化ビット数が24bitの曲が結構沢山あり、そこはありがたいところです。


しばらくはこの運用でApple Musicの高音質を楽しもうと思います。



ハイレゾロスレスのリスニングにもAppleらしいエレガントなソリューションで対応する、久々のiPod touchの登場を首を長くして待っています。




【嬉】Amazon Music HD無料化で年間契約料金も払い戻された

HD

「Amazon Music HD」が国内でも追加料金なしで利用可能に 気になる、記になる… さん

Apple Musicのおかげで(笑)、Amazon Music HDも追加料金がなしになり、ついに昨日日本においてもその適用が開始されました。

これまでは、聴き放題のUnlimitedが月980円(プライム会員は780円)+ハイレゾ/3Dまで聞けるHDが追加で月1,000円=月1,980円(1,780円)だったわけですが、その追加の部分が必要なくなったというわけです。

■■■

私の場合、昨年の12月にAmazon Music HDを更新しており、その際、月ごとではなく年間で契約しておりました。二ヶ月分安くなるからです(年間でUnlimitedが7,800円+HD10,000円)。

このHDへの追加分10,000円ですが、まだ半年分くらい残っているけど一回払ったものだししょうがないかあ、と思っていたのですが、でも半分でも戻ってこないかなとも思い、一応Amazonに聞いてみました。

結果は、驚くことに、HD年間分10,000円をすべて払い戻して頂けるということに。わりと即レスでした。
Amazonさん、太っ腹です。

■■■

手続きも電話しながら向こう側でリアルタイムでやって頂きました。

1.HD年間契約の解除 → 払い戻し処理へ

2.一旦普通のUnlimited会員に戻ります。
3.すると「追加料金なしにHDにアップグレードできます」というボタンが表示されます。

4.そのボタンを押す

以上が流れですが、自分でやることは4.だけです。



最終的には「Unlimited会員の個人プランHD」という表記になりました。

HD会員


12/1までに、Amazon MusicとApple Musicのどちらを使うか、それとも両方契約したままにするか、ゆっくりと楽しみながら悩もうと思います。


【ハイレゾ期待】HomePod Mini 購入

HomePod

Apple Musicのハイレゾ化で個人的にはスゴく盛り上がっています。

Amazon Music HDに加入していますが、追加でApple Musicにも入りました(とりあえず3ヶ月無料ですが)。Amazon Musicで作っているプレイリストと同じものをApple Musicでも作成し、あとはハイレゾ配信の開始を待つばかりです。

Apple Musicのロスレス楽曲、HomePod mini/HomePodで再生可能に。アップデートを予告

加えて、この記事にも触れ、慌ててHomePod miniも購入しました。なんか勢いが止まりません。

■■■

HomePod miniは、初期設定のしやすさは流石のAppleクオリティ。

また、iPhoneをHomePodにタッチするだけでオーディオをHomePodに切り替える、またiPhoneに戻す、という切り替えが簡単にできるのは非常に便利です。
それもあり、HomePodはiPhoneの充電スタンドのそばに設置しました。

音質ですが、思っていた以上に「鳴る」という印象です。

Amazon Echo Studio(同じ部屋に置いてます)と比べると、さすがに容積の関係で低音はそこまで出ませんが、全体的にバランス良く爽やかな音色の印象です。
デスクトップにおいて近距離で聴く分にはHomePod miniのほうが音的に重くなくていいと思います。


なにはともあれ、早くハイレゾ配信が始まってほしいものです。


PS;
Apple Music配信が発表された直後の前回の記事でハイレゾ再生に対応したiPod Touchが欲しいと書きましたが、なにやらそれっぽい噂記事も出始めているようですね。これも楽しみです。




【祝】Apple Music ハイレゾ対応 〜”iPod Touch Max”が欲しい

Apple Music、ドルビーアトモスによる空間オーディオを発表、さらにカタログ全体がロスレスオーディオに【公式】

噂には出ていましたが、18日ではなくいきなり本日(17日)に発表がありましたね。
噂の中にもありましたが、ロスレス・ハイレゾ・ATMOS Music対応で料金据え置き。やはりこれにはオドロキでした。安い。。

■■■

私はハイレゾ音源を聴くのは大好きです。

当初はe-onkyoやMoraで音源をダウンロードで購入し聴いていましたが、時代は進み、現在はもっぱらAmazon Music HDで聴いています。ハイレゾがサブスクで聴けるなんて、という隔世の感を感じたのは未だに記憶に残っている大きな体験のシフトでした。

Amazon Musicは月980円(プライム会員は780円)でUnlimitedに、もう1,000円足して1,980円(プライム会員は1,780円)でハイレゾも3Dも聴けるAmazon Music HDになります。
1,000円増しですが、それでもダウンロードで購入していた時から比べると出費は大幅減。大満足で使っています。

が、今回の新Apple Musicはこれらハイクオリティコンテンツすべて含めて980円。値段が半分です(ため息)

■■■

現在Amazon Music HDのハイレゾ音源を聴いているDAPはソニーのハイレゾウォークマンNW-ZX507。これに512GBのSDカードを挿して、Amazon Musicのハイレゾ音源をダウンロードして聴いています。

本機はAndroid端末ですが、いかんせんAmazon Musicのアプリの挙動が遅すぎてストレスが非常に溜まります。Sony専用のW.Musicアプリの挙動はそうでもないのですが、Amazon Musicのアプリはとにかく遅い。プレイリスト、アルバムリストなどを表示させるのに途方に暮れる時間が掛かります、、、やっとリストが表示され曲のプレイボタンを押してもそこでレインボーがくるくる回る始末、、
多分、1,000曲を優に超える300GB以上の楽曲をダウンロードしているからだと思います。

■■■

そこで是非出して欲しいのが”iPod Touch Max”のようなApple Music専用Audio Phile向けの専用DAPです。ハイレゾ音楽再生専用機として。
SDカードでもいいですが、内蔵で500GB〜1TBくらいメモリー内蔵したものでいいです。A14とか搭載すれば処理も速いんじゃないですかね。

専用機でありながら、iPhoneとApple Watchのように、iPod Touch MaxもiPhoneと完全にコンパニオンで機能するような感じになっていれば最高ですよね。ヘタにiPhone2台持ちよりも断然これです。

■■■

同時に発表したDolby ATMOS Musicに関しては、Air Pods Proで空間オーディオに対応ししかもジャイロまで積んで、しっかり対応し、昨年より着々と準備されてきたものでした。ですので今回のサービスが始まったらすぐに楽しめることが出来るわけですが、ハイレゾに関しては、サービスは始めるが機器はユーザーが自らポタアンとか用意してね、ということではないですよね?? Appleさん。

是非宜しくお願いします。

iPod Touchは現在細々と、かつ「ゲーム機」としてのキャラつけで販売されているようですが、本来は「Touch your music (Steve Jobs)」として音楽再生機としてiPodが進化したもと、と私は今も思っています。青春の一時期を支えた「iPod」ブランドなので。


是非今回のハイレゾ配信を機に復活を!!




Index of all entries

Home

カレンダー
« 2021 12 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top