Home

「モノが好き」2

WF-1000XM3 アクセサリなど購入

VocalVN

WF-1000XM3を購入以来快適に毎日使っています。
やはりノイズキャンセリングはいいですね。音楽を聴くときはもちろんですが、集中したいときは「無音」でもよく使っています。



どのイヤホンでもそうですが、特に完全ワイヤレス、更に言えばノイズキャンセリング機能付きイヤホンでは、イヤピースが自分に合うかどうかが非常に重要なポイントになると思います。
私の場合、残念ながら付属のイヤピースでは今一つ満足出来ず、機会があったらイヤピースを探そうと思っていました。



今日時間があったので、AVIOTのTE-D01dを買い取りに出して査定を待っている間に、eイヤホンでイヤピースを入念に試しました。
多くのイヤピースのデモ機があり実際に装着して試せるのはありがたい限りです。結局1時間以上、いろいろ試着して納得の上で、写真(左)のFAudio FA Vocalを購入しました。

Vocal

このイヤピースは「Vocal」というモデルと「Instrument」というモデルがあります。Vocalは見るからにInstrumentよりも開口部が広く、このレーダーチャートのように中高域がより出るという表記になっています。(Instrumentはこの逆)

実際の音を聴くと、確かに中高域がのびやかに出ます。1000XM3のDSEE-HXによる解像感の高い中高域が余すこと無く出てくるので非常に気持ちがいいですね。

加えて言えば、このVocalとInstrumentのもう一つの差がサイズ差ですかね。同じMサイズでもVocalはφ13、Instrumentはφ12です。またVocalは傘の部分が柔らかめ、Instrumentは固め、です。大きめで柔らかいので耳へのフィット感が私にはピッタリでした。微妙な差ですが、これが最終的に決め手になったようなものです。

またフィット感が増したことで「私にとっては」低音もより良く聞こえるようになり、結局私には低域から高域まで今までよりかなり情報量が増した満足感を得ることが出来ました。



VanNuys

ケースについてはVanNuysの専用ケースが予定よりかなり早く到着しました。
「ケースのケース」って必要なの?と最初は思っていましたが、1000XM3にかなり愛着が湧いてきたので、安心してカバンに放り込める安心感のための購入です。
ケースを充電するときは出さないと行けませんが、普段のイヤホンの出し入れは専用ケースに入れたままでも非常にスムースです。






スポンサーサイト

【即買い】Sony WF-1000X M3。iPhoneにも最適

前の記事でAVIOT Truely Wireless TE-D01dを即買いした記事を書きました。
AirPods初代機のバッテリーの持ちが極端に悪くなり、買い換えをイメージしていた頃でした(このときはまだ新AirPodsの発表前だったと記憶しています)

TE-D01dは未だに大人気のTruely Wireless Earphoneで、売り上げ上位という記事をよく見かけます。



私としては非常に珍しいことなのですが、TE-D01dを先週無くしてしまったのです。充電ケースはあるのですが、開けてみたら中身のイヤホンが両方とも無い、、、カバンやジャケットのポケットなどを探しましたが見つからず、、

非常に残念でしたが、まさにそのタイミングを狙っていたかのように、SonyがTruly Wirelessの新機種WF-1000X M3を発表したのです。これも運命の巡り合わせ(笑)



WF-1000X M3

発表日に即ポチし、昨日到着しました。

WF-1000X M3

到着までWebでいろいろ写真をみていましたが、実物はそれ以上にカッコイイ。イヤホン本体に埋め込まれたLEDがボヤッと光るさまが特に印象的です。



私はハイレゾウォークマン&リケーブルした10万円超のイヤホンでも音楽を聴いていますので、Bluetooth接続のイヤホンの音にはそれなりの割り切りはあります。

このWF-1000XM3はその思いをいい意味で裏切ってくれます。Bluetoothでもここまでいい音がするものなのか、と感動しました。DSEE-HXのおかげもあり、音が繊細で情報量も多い。低域から中高域まで音がふくよかでよく伸びており、音場空間の再現性が高い。BTでここまでの音が出るのに素直に感動してます。

あとはこの商品の最大のウリの一つであるアクティブノイズキャンセリング。これの効きが半端ない。
オーバーヘッドのWH-1000XM3のノイキャン性能がかなり話題になり、購入した会社の同僚からも相当自慢されましたが、こちらもそれに近い効果があります。

うるさい街中や電車の中でもちゃんとクラシック音楽が聴けます。AirPodsやAVIOTではクラシック音楽を聞くのはこれまで正直諦めていました。ピアニッシモの部分が全くといっていいほど外部ノイズに埋もれて聞けなかったです。
WF-1000XM3では効果的なノイキャンのおかげでちゃんと音楽の隅々まで聞けるようになりかした。
この体験は代えがたいものです。



操作性も問題ありません。

接続優先接続と音質優先接続の2つの接続方法が選べますが、混雑したところでも音質優先接続で途切れずに聞くことができます。家の中でも部屋中隅から隅まで歩き回っても大丈夫なくらい。

またiPhoneとの接続も速いです。イヤホンをケースから出して耳に装着するころにはすでに接続されています。初代AirPodsよりも速いと思います。
iPhoneからMacBook Proへの接続の切替、またはその逆も一瞬です。家でも外でもずっとつけていたくなる、そんなイヤホンです。

通話はもちろん、Siriもちゃんと使えます(右タッチセンサー長押しで呼び出し)



ソニーストアでは発売ほどなく初期ロットは販売終了になったようで、次回入荷は8月上旬〜中旬と案内されています。eイヤもほぼ売り切れていますね。

ヒット商品の匂いがします(笑) いや間違いないでしょう。
AppleユーザーにはPowerbeats Proも話題かと思いますが、私はスポーツはしないので、断然こちら派です。


WF-1000X M3 ソニー公式
WF-1000X M3 eイヤホン
WF-1000X M3 ビックカメラ
WF-1000X M3 ヨドバシ





【レビュー】AVIOT True Wireless Earphone TE-D01d

AVIOT

TE-D01d AVIOT公式サイト

■■■

昨年末から自分的に急に気になり始めたブランドAVIOT。iPhoneのお供と言えばAirPodsをもちろん使っていますが、すこし浮気をしてみるのもいいかな、と思い始めていました。

”TE-D01b”と言う機種が昨年末に出ていましたが、これがTrue Wireless Earphoneとしては非常に音が良く気になっていました。
TE-D01bは音の明瞭度のよさ、バランスのとれた音域再現、装着感の良さなどが印象的でした。価格も15,000円(税抜)ほどで非常にリーズナブル。

■■■

それからわずか数ヶ月後(ほんの2-3ヶ月後だと思います)に今回のTE-D01dという新製品が発売され、TE-D01bのこれまでのフィードバックを盛り込んだ新製品ということでしたので、なんの迷いもなく購入したいと思いました。しかも価格が12,000円(税抜)で、さらにプライスダウンされているというのは驚きでもありました。

eイヤホン店舗に昨日(2月10日)に行って試聴もほどほどにすぐに購入したのですが、帰ってサイトを見てみたら、私の購入したダークルージュと、もう一色のネイビーはその日のうちに売り切れになっていました(ブラックは在庫あり)。

■■■

ゆっくり家に帰って聞いた感想です。

音質は、TE-D01bゆずりの明瞭度が高く見晴らしのいい音に加え低域が強化されているように感じました。決して量感だけ増したブーミーな感じというわけではなく、解像度が高いまま量感が増しているという感じです。バスドラのキックの音のタイトなキレの良さとかベースの艶感とかが特徴的です。個人的には非常に好みです。低音は音の足腰であり、これがあるかないかで音楽全体の印象が変わります。ここはAirPodsとの大きな差だと思います。
音圧もしっかり取れるイヤホンなので、より音楽に没入できます。
音場も広く、広さ・奥行きを感じます。クラシックを聴いていると音場の広さをよく感じます。

基本的にクセのない音作りがされており、基本性能レベルが高いので、どんなジャンルでも相性がよいと思います。


一方通話に関してはAirPodsと比べると劣ると思いました。マイクの性能が良くないのか、相手に自分の声が聞こえにくいようで通話として成立せず。また先方の声の音質もよくなかったです。


その他の驚きはやはり電池の持ちでしょうかね。イヤホン単体でも9時間。また充電ケースも含めると10回以上再充電できるのでトータル100時間超えとか。充電ケース自体で1,800mAhの充電量があり、このケースからiPhoneに対しての充電すら出来るようになっています(USB-A端子あり)。ここまでの性能があると、日常生活では別にモバイルバッテリーを持つ必要もないのではないでしょうか。

もう一つの売りが「無線が切れにくい」ということだそうですが、これは明日からの実際の通勤環境で試してみます。私の通勤経路だとAirPodsでもあまり途切れは感じなかったので、このイヤホンでも大丈夫だとは思います。

■■■

購入後メーカーサイトで製品登録したら早速連絡メールが来ました。そのなかに、

・SpinFitアップグレードキャンペーン
世界中のオーディオファンが、音質と装着感が大幅に改善されると絶賛する、
SpinFit社製イヤーチップをワンコイン500円(税込・送料込)でご提供いたします。

 SpinFit社製 CP-100Z SS,S,Mサイズ 合計3ペア

というのがあったので早速申し込みました。いいサービスですね。素晴らしい。

今後も注目していきたいブランドです。





逆風のなか、iPhone XR Product(RED)購入しました

iPhone XR

iPhoneが売れない、売れないとやかましい昨今ですが、そんな中、iPhone XR Product(RED)を購入しました。正確には年末の26日にApple Store表参道で購入し、ほぼ10日使ったことになります。

Apple Store店頭では「下取りキャンペーン」の最中でしたが、これまで使っていたiPhone 7 (PRODUCT) RED Special Editionはこれから家内が使うことになるため、それも使わず全くの定価で購入しました。

iPhone XR

発売からここまで悩んで買う決心をしたので、店頭で、つい勢い余って「『Apple純正初』のクリアケース」も購入。
ここまで来たらトコトン純正でこだわってやろうと。

■■■

有機ELのiPhoneには最初から興味がありませんでした。普段使いでは絶対大丈夫とは言われていますが、iPhone X以降、展示品の画面がことごとく焼き付いているのを目の当たりにして以来、やはり有機ELのiPhoneには手を出す気にはならないというか。また、老眼が進んでいる私の目からすると、400dpiを超える高密度の画面を見せられてもあまり区別が付かない、というのもありました。

■■■

iPhone XRの購入をためらった要因はいくつかありますが、最大の要因はiPhone XRのサイズが大きくて持ちにくいということでした。各所で語られているので同じ思いをされている方は多いんだろうなあと思います。
私も実際iPhone 6 Plusを買ったことがあり、あまりの扱いの悪さに6sでは元のサイズに戻してしまったという苦い体験があったのでこれを乗り越えるのが一番大変でした。

あとは、iOSが12になって以降iPhone 7の動きがとても軽くなった、ということも大きな要因でした。まじめに「新しいiPhoneなんていらないじゃん」と思ったものです。実際いまでもそう思っています。


というわけで、新しいiPhoneが売れないと言われている中で「「iPhone 8」はまさかの増産、売れ筋No.1」というニュースにも納得できるものがあります。液晶iPhone派にとっては今のところベストiPhoneはiPhone 8でしょう。

ただProduct(RED)しか買わない私としては、新品で買うにはもはやiPhone 8という選択肢はなかったわけで、ついにXRの購入を決断した次第です。

■■■

私が一番大事にしたいユースケースは下記。

iPhone XR

まだシーズン開始には遠いですが、大好きな広島カープの試合をDAZNで見ること。この1点です。
できるだけ大画面で、かつ横向きにしても充電が出来て、、

ほぼ「大画面テレビ」を買うときの購買心理にも似ている感じですね。


実際これまで使っていて、情報視聴系のコンテンツ(Kindle、日経新聞、Feedlyなど)にとってはやはり「大画面は正義」であり非常に快適です。この点だけでももはやiPhone 7には戻れません。

大画面化による操作性の悪化との折り合いをいかにつけていくか(慣れていくか)がポイントになりますね。
10日使ってまだ慣れていないのでしばらく時間がかかるかもしれませんが、おいおいと。

■■■

・発売日以来、XRの展示品をいじり倒していたが、実はしっくりは来ていなかった
・iPhone 7でもそれなりに満足度はまだ高かった
・iPhone、とくにXRについての逆風のニュースが目立っていた

という中でもXRを購入してしまいました。
どこかに「それでも欲しい」という気持ちがあったんだと思います。それがなんだったのか、という答えはこれから見つけていくことになるんでしょうね。





【NEW】CleanMyMac X

cleanmymacx

2012モデルの古いMacBook Pro Retinaの時代からCleanMyMacを使っていました。
このモデルの時にメモリ(8GB)・ディスク(256GB)と余裕が無く、それを少しでも解消する目的でこのアプリに行き着き愛用しています。

主な用途は、ジャンクファイルや不要な言語ファイルのクリーンアップ、メモリの解放、不要アプリの完全アンインストール、アクセス権の修復などのメンテナンスです。

非常に便利なアプリなのですが、唯一と言っていい難点は、クリーンアップの作業のために行うディスクのスキャンのスピードでした。割と時間がかかります。
「多少時間はかかりますが、行うだけの価値はあります。」と画面に表示され、多少の緩和策?はされていましたが、、、

■■■

いつも通りCleanMyMac 3を立ち上げたら、新しいのが出たよ、という案内がポップアップされました。
旧バージョンを使っている人は半額!ということだったので、早速購入したのがCleanMyMac Xです。
半額といっても$45なのでそれなりにためらう価格ではありますが、私はこのアプリには全面的な信頼を寄せていますので全く迷いはありませんでした。

■■■

私にとって最大の関心であった「ディスクのスキャンのスピード」ですが、劇的に速くなっていました。これだけでも買い換えた価値はあります。

加えてうれしい新機能も。

cleanmymacx

■マルウェアをスキャン。

にとどまらず、

ハードディスク上のアドウェアやスパイウェア、マイナー(暗号通貨採掘)、ワームなどを見つけて、退治する。ブラウザーのデータや怪しげなWi-Fiのネットワークも消せるから、それらに自動的に接続することがなくなる。

だそうです。

cleanmymacx

■インストールしている全てのアプリのアップデートの確認。
Mac App Storeにないアプリも確認してくれるそうで、これはかなり優秀だと思います。
スクショの通り、現在私が持っているアプリはすべて最新版であるという確認が出来ました!

■■■

CleanMyMacの最新バージョンCleanMyMac XはMacの総合的なお掃除アプリケーション ーTechCrunch

信じがたいことだが、CleanMyMacには現在、500万のユーザーがいる。



私は信じられますw
優秀なアプリだと思います。



Index of all entries

Home

カレンダー
« 2019 08 »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top