Home

「モノが好き」2

iPhone 7 赤いやつ Buy Nowしました!

RED

iPhone 7 (PRODUCT) RED Special Editionを朝一で購入してきました。
前回の投稿であれだけ「買わない」と言ってきたんですが、、、(苦笑)
やはり「赤」の魔力には勝てません。

写真はまだとってだしで、ビニールも剥がしていない状態です。現在復元中。。

■■■

今朝、Appleの公式サイトを見ていたら、夜中から発売になったはずのiPhone 7 (PRODUCT) RED Special Editionが「本日店頭受け取り可」になっていましたよね。

「あれ、今回は珍しく『在庫潤沢パターンかも?』」という疑惑が持ち上がり、家から歩いて数分のauショップに9時50分くらいに予約無しで行きました。
誰も並んでいませんで、一人で待っていました(苦笑)
シャッターが開いてすぐに「店頭在庫ありますか?」と質問したら「ございます」と即答。

で、1番で購入してきた次第です。

これまでのiPhoneの中で一番簡単に買えた、敷居の低いiPhoneではないかと思います。ジェットブラックはなんだったのか、という感じですよね。

取り急ぎ。

■■■

【追記】

フロントフェースはやはり黒がいい、という思いは変わりませんので、とりあえず下記を追加購入。
これでホームボタン以外は黒になります。





スポンサーサイト

iPhone 7 (PRODUCT) RED Special Edition

iPhone 7 (PRODUCT) RED Special Edition

もし、「iPhone 7 (PRODUCT) RED Special Edition」のフロントパネルがブラックだったら… 気になる記になるさん(写真も拝借)

赤が大好きな私としては願ってもないニュースでした、iPhone 7 (PRODUCT) RED Special Edition。
Unboxの動画も見ましたが、同じ赤でも深みのある私好みの赤でした。
いつか忘れましたが、自分のブログでも「もしiPhoneの (PRODUCT) REDがでたら絶対購入!」と書いたような覚えがあります。

■■■

なのですが、やはり引っかかるのはフロントパネルの枠の色。実物は白枠なのです。
Appleのカラーリングの戦略から言うと、このような「色物」の表面の枠は白になる、というのは重々理解しているのですが、やはりここは自分の趣味に合いません。

上の写真の様だったら、本当に即買いだったんですけどね。

今回iPhoneでやっと(PRODUCT) REDを出したので、次のiPhoneでも出るでしょう & 次のiPhoneはOLEDモデルも出るということで、OLEDの黒画面の漆黒を活かして枠は黒、もしくは枠自体極小になる、という「期待&期待」で秋を待とうかな、と思います。。。


AirPodsは生活を変えた

AirPods

AirPodsがうちに来てから一ヶ月経ちました。

普段はハイレゾウォークマンも持ち歩いているので、音楽はそちらでを聴くことが多く、AirPodsは音楽を聴く用途ではあまり使わない予定でした。(AirPodsはRadikoで野球中継を聴くのが主目的)

■■■

、、あまり使わない「予定」だったんですが、「あまりの便利さ」に実際はAirPodsを使うことが非常に多くなりました。

確かに音質はハイレゾとは比べるまでもないのですが、その手軽さ・便利さに思わずAirPodsのフタを開けてしまうことが多く、想定以上に使っています。

・ペアリングのことはほぼ考えなくてよい。
・全くケーブルのないTrue Wirelessは、装着していて全くストレスがない。
・音質はそれなりに低音が効いていて、小音量でも「聴いていて楽しい」。
・片耳を外すと一時停止する、という仕様が生活のなかで便利すぎる。
・両耳を外せば停止になるのでiPhoneの操作は不要。
・通知が音声で分かるので、iPhoneのバイブレーションよりも確実。

書き出しただけでもこんなに便利さを実感しています。

通勤だけでなく、仕事中でも集中したい時にAirPodsをしていることが増えました。

装着感がよく、かつ軽量で、かつケーブルもないため、装着していることを忘れることもしばしば。ノイズキャンセリング機能はないですが、逆にいうと「生活音の中に音楽が漂っている」という感覚。話しかけられたらすぐに片耳を外せば日常生活に戻りますし、また装着すれば浸っている世界に戻れる。

これは明らかに私の日常生活を「変えて」しまっています。
こういう商品はすばらしいですね。

■■■

充電は、冒頭の写真のように、Apple純正のお高い充電スタンドで時々iPhoneをどけて充電しています(なんか贅沢ですよね)
AirPodsの端子がiPhoneと同じLightningだからだと思いますが、この充電作業も「面倒くささ」の壁をあっさり越えてすっかり習慣化したので、一度もバッテリー切れを経験したことはありません。

【レビュー】Airpodsがやっと到着しました

Airpods

「6週」待ちだったAirpodsがやっと到着しました。
6週ということは1月末あたりの到着予定だと思っていましたから、それよりは10日前後早かった計算になります。

他の方のレビュー記事はすでにいろいろと拝読したので、結構すでに世の中に出回っているイメージでいましたが、通勤電車ではAirpodsをしている人をこれまで1人しか私は見かけませんでしたので、数はまだ十分には出荷されていないのかもしれませんね。これから本格化するのかもしれません。

■■■

Airpods 接続 

接続の容易さについては多くの方が書かれているとおりです。こんなに簡単に接続できるBluetooth機器に出会ったのは私も初めてです。フタを開けると電池残量がポップアップしてくるのもいいですね。


この商品が発表された時に私が「さすがApple」と感動したのはもう一点あって、ステレオで使用中に片耳を外すと一時停止になる、というシブい仕様です。
イヤホンをしていて例えばコンビニでレジ精算をするときなど、確かに片耳を外しますよね。
こういう「ユーザーの実際の生活の中でのつかいざま」を本当によく研究している会社だなあと思います。
この機能を試しましたが、一時停止・一時停止からの再生復帰のレスポンスも非常に早くよく作られていると感じました。

■■■

Airpods WM 

音質に関しては特に感想はありません。音楽は基本ハイレゾを専用のイヤホン・ヘッドホンで聴いているので、私の目的ではありません。

一応試しに、現在エージング中のNW-WM1Aと接続して聴いてみました。WMのBTの対応コーデックがSBC・LDACのみなのでAirpodsとの接続はSBCになりますが、音楽の明瞭度、中低域の音質はまずまずかなあと思います。
ただAVRCPがなぜか効かず、音量の調整ができませんでした。バージョンが合っていないんですかね、、

■■■

では、何用に私はAirpodsを買ったのか、というところですが、それは「Radikoで野球中継を聴く」の一点です(苦笑) 
せっかくのテクノロジーなのに、用途はあまりにも”昭和的”で申し訳ない限りです。。
ですので「片耳でも使える」というAirpodsの機能が、実は一番有り難かったりします(^_^)

連覇を目指して今年も頑張れカープ!




2017年はハイレゾ環境のアップグレードからスタート

昨年は色々と物欲的に出遅れた1年でした。
電子タバコのIQOSは相当待ちましたし、AppleのAirPodsは気づいたときにはすでに「6週」待ちの状態で未だ手にしていません。

■■■

HS1005P5 

気を取り直して今年ですが、まずは(Appleの動向は全く気にしなくていい!?)ハイレゾ環境のアップグレードから開始しました。

これまでDAPはONKYOのDP-X1を使っていましたが、SonyのNW-WM1Aに買い換え、ついにポータブル環境でもDSDネイティブ再生を手に入れました。

DP-X1は1年使いましたが、音質はまだしも、Android?に起因する操作性の重大なエラー(再生が途中で止まる、など)から最後まで逃れることができず我慢出来なくなったというのが本音です。
DP-X1Aという後継機も出ましたが、初号機のトラウマでもう結構という気持ちでした。

Sonyのウォークマンについては実際「30万円」のNW-WM1Zも試聴する機会はあったのですが、年末ジャンボが当たらなかったので(苦笑)、予定通りWM1Aの方に。
30万円の商品があると12万円の方が安く見えてしまうという心理作戦にもまんまとハマってしまったと思います。

■■■
HS1005P5 

この機種で「DSDネイティブ再生」を行うにはもう一つの商品、新規格4.4mmのバランス接続のできるイヤホン/ヘッドホンが必要です。
これはAcoustune Resonate HS1005 P5で実現しました。
実は1ヶ月前にHS1005というAK用2.5mmバランス端子専用(リケーブル不可)という商品を買っていたのですが、新規格への対応のために買い換えということに相成りました。

このブランドの商品はなかなか面白いラインアップで、多少のチューンアップの違いはあるものの基本的に同じユニットを使いながら、2.5mm専用のモデル、3.5mm専用のモデル、4.4mm専用のモデルという感じでプラグ違いのモデルラインアップがあります。
私の今回のような買い換えは、リケーブルならぬ”リイヤホン”でしょうか。。



今後別記事で、それぞれについてレビューを書いていこうと思っています。
(特にウォークマンの方はメーカー指定の「200時間のエージング」には全く届いていないのでしばらく時間が必要です。)



Index of all entries

Home

カレンダー
« 2017 03 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top