Home

「モノが好き」2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

【レビュー】AVIOT True Wireless Earphone TE-D01d

AVIOT

TE-D01d AVIOT公式サイト

■■■

昨年末から自分的に急に気になり始めたブランドAVIOT。iPhoneのお供と言えばAirPodsをもちろん使っていますが、すこし浮気をしてみるのもいいかな、と思い始めていました。

”TE-D01b”と言う機種が昨年末に出ていましたが、これがTrue Wireless Earphoneとしては非常に音が良く気になっていました。
TE-D01bは音の明瞭度のよさ、バランスのとれた音域再現、装着感の良さなどが印象的でした。価格も15,000円(税抜)ほどで非常にリーズナブル。

■■■

それからわずか数ヶ月後(ほんの2-3ヶ月後だと思います)に今回のTE-D01dという新製品が発売され、TE-D01bのこれまでのフィードバックを盛り込んだ新製品ということでしたので、なんの迷いもなく購入したいと思いました。しかも価格が12,000円(税抜)で、さらにプライスダウンされているというのは驚きでもありました。

eイヤホン店舗に昨日(2月10日)に行って試聴もほどほどにすぐに購入したのですが、帰ってサイトを見てみたら、私の購入したダークルージュと、もう一色のネイビーはその日のうちに売り切れになっていました(ブラックは在庫あり)。

■■■

ゆっくり家に帰って聞いた感想です。

音質は、TE-D01bゆずりの明瞭度が高く見晴らしのいい音に加え低域が強化されているように感じました。決して量感だけ増したブーミーな感じというわけではなく、解像度が高いまま量感が増しているという感じです。バスドラのキックの音のタイトなキレの良さとかベースの艶感とかが特徴的です。個人的には非常に好みです。低音は音の足腰であり、これがあるかないかで音楽全体の印象が変わります。ここはAirPodsとの大きな差だと思います。
音圧もしっかり取れるイヤホンなので、より音楽に没入できます。
音場も広く、広さ・奥行きを感じます。クラシックを聴いていると音場の広さをよく感じます。

基本的にクセのない音作りがされており、基本性能レベルが高いので、どんなジャンルでも相性がよいと思います。


一方通話に関してはAirPodsと比べると劣ると思いました。マイクの性能が良くないのか、相手に自分の声が聞こえにくいようで通話として成立せず。また先方の声の音質もよくなかったです。


その他の驚きはやはり電池の持ちでしょうかね。イヤホン単体でも9時間。また充電ケースも含めると10回以上再充電できるのでトータル100時間超えとか。充電ケース自体で1,800mAhの充電量があり、このケースからiPhoneに対しての充電すら出来るようになっています(USB-A端子あり)。ここまでの性能があると、日常生活では別にモバイルバッテリーを持つ必要もないのではないでしょうか。

もう一つの売りが「無線が切れにくい」ということだそうですが、これは明日からの実際の通勤環境で試してみます。私の通勤経路だとAirPodsでもあまり途切れは感じなかったので、このイヤホンでも大丈夫だとは思います。

■■■

購入後メーカーサイトで製品登録したら早速連絡メールが来ました。そのなかに、

・SpinFitアップグレードキャンペーン
世界中のオーディオファンが、音質と装着感が大幅に改善されると絶賛する、
SpinFit社製イヤーチップをワンコイン500円(税込・送料込)でご提供いたします。

 SpinFit社製 CP-100Z SS,S,Mサイズ 合計3ペア

というのがあったので早速申し込みました。いいサービスですね。素晴らしい。

今後も注目していきたいブランドです。





スポンサーサイト

逆風のなか、iPhone XR Product(RED)購入しました

iPhone XR

iPhoneが売れない、売れないとやかましい昨今ですが、そんな中、iPhone XR Product(RED)を購入しました。正確には年末の26日にApple Store表参道で購入し、ほぼ10日使ったことになります。

Apple Store店頭では「下取りキャンペーン」の最中でしたが、これまで使っていたiPhone 7 (PRODUCT) RED Special Editionはこれから家内が使うことになるため、それも使わず全くの定価で購入しました。

iPhone XR

発売からここまで悩んで買う決心をしたので、店頭で、つい勢い余って「『Apple純正初』のクリアケース」も購入。
ここまで来たらトコトン純正でこだわってやろうと。

■■■

有機ELのiPhoneには最初から興味がありませんでした。普段使いでは絶対大丈夫とは言われていますが、iPhone X以降、展示品の画面がことごとく焼き付いているのを目の当たりにして以来、やはり有機ELのiPhoneには手を出す気にはならないというか。また、老眼が進んでいる私の目からすると、400dpiを超える高密度の画面を見せられてもあまり区別が付かない、というのもありました。

■■■

iPhone XRの購入をためらった要因はいくつかありますが、最大の要因はiPhone XRのサイズが大きくて持ちにくいということでした。各所で語られているので同じ思いをされている方は多いんだろうなあと思います。
私も実際iPhone 6 Plusを買ったことがあり、あまりの扱いの悪さに6sでは元のサイズに戻してしまったという苦い体験があったのでこれを乗り越えるのが一番大変でした。

あとは、iOSが12になって以降iPhone 7の動きがとても軽くなった、ということも大きな要因でした。まじめに「新しいiPhoneなんていらないじゃん」と思ったものです。実際いまでもそう思っています。


というわけで、新しいiPhoneが売れないと言われている中で「「iPhone 8」はまさかの増産、売れ筋No.1」というニュースにも納得できるものがあります。液晶iPhone派にとっては今のところベストiPhoneはiPhone 8でしょう。

ただProduct(RED)しか買わない私としては、新品で買うにはもはやiPhone 8という選択肢はなかったわけで、ついにXRの購入を決断した次第です。

■■■

私が一番大事にしたいユースケースは下記。

iPhone XR

まだシーズン開始には遠いですが、大好きな広島カープの試合をDAZNで見ること。この1点です。
できるだけ大画面で、かつ横向きにしても充電が出来て、、

ほぼ「大画面テレビ」を買うときの購買心理にも似ている感じですね。


実際これまで使っていて、情報視聴系のコンテンツ(Kindle、日経新聞、Feedlyなど)にとってはやはり「大画面は正義」であり非常に快適です。この点だけでももはやiPhone 7には戻れません。

大画面化による操作性の悪化との折り合いをいかにつけていくか(慣れていくか)がポイントになりますね。
10日使ってまだ慣れていないのでしばらく時間がかかるかもしれませんが、おいおいと。

■■■

・発売日以来、XRの展示品をいじり倒していたが、実はしっくりは来ていなかった
・iPhone 7でもそれなりに満足度はまだ高かった
・iPhone、とくにXRについての逆風のニュースが目立っていた

という中でもXRを購入してしまいました。
どこかに「それでも欲しい」という気持ちがあったんだと思います。それがなんだったのか、という答えはこれから見つけていくことになるんでしょうね。





【NEW】CleanMyMac X

cleanmymacx

2012モデルの古いMacBook Pro Retinaの時代からCleanMyMacを使っていました。
このモデルの時にメモリ(8GB)・ディスク(256GB)と余裕が無く、それを少しでも解消する目的でこのアプリに行き着き愛用しています。

主な用途は、ジャンクファイルや不要な言語ファイルのクリーンアップ、メモリの解放、不要アプリの完全アンインストール、アクセス権の修復などのメンテナンスです。

非常に便利なアプリなのですが、唯一と言っていい難点は、クリーンアップの作業のために行うディスクのスキャンのスピードでした。割と時間がかかります。
「多少時間はかかりますが、行うだけの価値はあります。」と画面に表示され、多少の緩和策?はされていましたが、、、

■■■

いつも通りCleanMyMac 3を立ち上げたら、新しいのが出たよ、という案内がポップアップされました。
旧バージョンを使っている人は半額!ということだったので、早速購入したのがCleanMyMac Xです。
半額といっても$45なのでそれなりにためらう価格ではありますが、私はこのアプリには全面的な信頼を寄せていますので全く迷いはありませんでした。

■■■

私にとって最大の関心であった「ディスクのスキャンのスピード」ですが、劇的に速くなっていました。これだけでも買い換えた価値はあります。

加えてうれしい新機能も。

cleanmymacx

■マルウェアをスキャン。

にとどまらず、

ハードディスク上のアドウェアやスパイウェア、マイナー(暗号通貨採掘)、ワームなどを見つけて、退治する。ブラウザーのデータや怪しげなWi-Fiのネットワークも消せるから、それらに自動的に接続することがなくなる。

だそうです。

cleanmymacx

■インストールしている全てのアプリのアップデートの確認。
Mac App Storeにないアプリも確認してくれるそうで、これはかなり優秀だと思います。
スクショの通り、現在私が持っているアプリはすべて最新版であるという確認が出来ました!

■■■

CleanMyMacの最新バージョンCleanMyMac XはMacの総合的なお掃除アプリケーション ーTechCrunch

信じがたいことだが、CleanMyMacには現在、500万のユーザーがいる。



私は信じられますw
優秀なアプリだと思います。



MacBook Proのバックアップ用に

SSD

新しいMacBook Proを快適に使っています。

日々のちょっとした操作がいちいち快適で、ジワジワくる「買って良かった」感。
こういう商品とは長い付き合いになれると思います。

■■■

普段MacBook ProのバックアップはTime Capsuleで取っています。これはひとえにまさかの時の安心安全のためです。

ですが、機器の乗り換えや修理後の再インストールなどで「バックアップから復元」が必要なときに、このTime Capsuleのバックアップから復元したことは永らくありません。時間がとても掛かるからです。

前に使っていたMacBook Pro Retina 2012の時は内蔵SSDが256GBだったので、300GBのUSBハードディスクを別途用意してそちらに新たにバックアップし直してから復元する、というやり方をしておりました。

■■■

今回買い換えたMacBook ProはSSDを512GBにしましたので、このハードディスクでは容量が足りません。

ということで、バックアップ用の新しいストレージを購入しました。
今回もハードディスクでいいかな、とも思ったのですが、せっかく爆速(自分比)のMacBook Proを購入したので、外付けSSDにすることにしました。
(ちょっと金銭感覚も麻痺しているときでもあるので、、、(苦笑))

Samsung 外付けSSD T5 500GB USB3.1 Gen2対応 正規代理店保証品 MU-PA500B/IT

・メモリでは定評のSamsung製
・Gen2対応
・USB-Cケーブル付き

USB31Gen2

実際使ってみましたが、ハードディスクとはやはり比較にならない速さ。数百GBレベルのデータのやりとりでは非常に時間の節約ができます。(転送データなどはAmazonレビューで多数あがっています)
また、可動部のない安心感、静音性(というより無音です)、小さい、軽い、などいいことずくめです。

もうハードディスクには戻れませんね。




MacBook Pro 2018 ファーストインプレ 2

MacBook Pro Kindle OASIS

前の記事の続きです。

MacBook Proの本体色のスペースグレイという色は本当に落ち着いたいい色です。高級感があります。
これは、上の写真の通り、Kindle Oasis(第9世代)と近いものがあります。
Kindle Oasisの色味/質感は相当気に入っているのですが、MacBook Proもかなりイケてますね。

■■■

MagSafeを長年使ってきた身としては、USB-Cケーブル抜き差しの充電はやはり不便だと感じます。
ただ、
・USB-Cの差し込みがしっかりしている(差し込むと「カチッ」と音がして確実に刺さります)
・ACアダプタ側もケーブルが外せるので、ACアダプタごと持ち運ぶ時は持ち運びやすい。
・USB-C端子がMacBook Proの左右両面にあるので、どちら側からも充電できる。
のはいい点かと。

ACアダプタを挿したとき、MacBook Pro本体から鳴る音がiPhoneのそれと同じだったのには驚きました。
背面のAppleロゴも光らなくなっていますし、起動音も鳴らなくなってる。だんだんiPhoneの要素がMacBook Proの世界に入り込み始めているのをしみじみと感じます。

■■■

キーボード(私は英語版にしています)。
なにかと話題になっている第三世代バタフライキーボードです。
静かになった(→ 関連記事)とか、ホコリの問題はどうなった(→ 関連記事)とかは各所で語られているので割愛します。

私は昔はHHKBとかリアルフォースとか使っていた「ストローク深い派」でしたので、ストロークの浅いキーボードには否定的でした。
ただ、昨年会社支給のWindows PCの更新があり浅いストロークのものに変わってしまいました。好き嫌いは言えないので渋々使っていたのですが、だんだんとそれに慣れてきて、逆に深いストロークのキーボードで文字を打つ方が疲れる、とさえ思うようになって来ていました。
ですので、このバタフライキーボードはすんなりと受け入れられます。文字入力で手が疲れません。


この第三世代バタフライキーボードで私が感じる欠点は3点。

・静かにはなったらしいですが打鍵音はします。音がすること自体はいいですが、その打鍵音が全体的に「安っぽい」。おもちゃのような音ですね。Appleっぽくない。

・キーによって打鍵音の音質が違う。スペースキーやコマンドキーなど下の方のキーの打鍵音はわりと低めの音ですが、上の列のキーに行けば行くほど甲高い音になるような気がします。リターンキー、デリートキー(特に後者)は甲高い音です。そういうバラツキに、Appleらしい「ものつくりへのこだわり感」がないような気がします。

・右下にある十字カーソルキーの上下のキーが小さすぎて非常に打ちづらい。かなり使うキーなので気になります。また、この上下キーの打鍵音は特に甲高く、隣にある左右キーとも全く音色が異なります。

いろいろな意味で、このバタフライキーボードはまだまだ改善途上なのかなあと思います。


Index of all entries

Home

カレンダー
« 2019 06 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。